トップページへ

オーバーホールについて

お客様からお預かりした時計を隅々まで点検し、オーバーホール(修理や研磨、洗浄、日差の調整など)を施すサービスです。弊社では、お預かりした時計を出来る限り早く仕上げてお客様のお手元にお届けできるよう努めております。日々身につけるものだからこそ、一日でも早くお届けしたいと考えております。また、時計の精度についても追求し、隅々まで奇麗にしっかりと仕上げる事にも力を注いでおります。

さまざまなご要望に対応しています

  • とにかく技術者に任せて綺麗にしてほしい
  • 定期的なオーバーホールを依頼したい
  • 時計が動かなくなったので修理してほしい
など。こんなお悩みをお持ちではありませんか。弊社では、出来る限りお客様のご要望に沿ったご依頼を承っております。また、「難しいことはよく分からないけれど、とにかくお任せコースで依頼したい」というお客様も、「ここはこういう風に仕上げてほしい」というご要望のあるお客様も、まずはお気兼ねなくお問い合わせください。

アンティークROLEXもお任せください

  • 4桁ナンバーにも対応
  • アンティークも純正部品・純正工具でオーバーホールを承っています
  • 希少価値の高いアンティーク物の修理やオーバーホールの依頼先をお探しでしたら一度ご相談ください
アンティークモデルが現行機種だった頃の昔から、メーカー技術者だった者が弊社技術スタッフですので、アンティークにも強いことが特徴でもあります。
*モデルや状態によっては承れない可能性もございますが、ほとんどのケースでオーバーホールを行っております。一度ご相談ください。

弊社の特長

  1. 交換パーツははロレックス純正部品を使用しております。

  2. オーバーホールに使用する機械や工具類もロレックスオーバーホール用に設計された純正品です。弊社は、ロレックス専用の機械、工具類を保有する数少ない技術店となっております。

  3. 出来る限りお客様のご要望に沿ったオーバーホールを実施しています。例えば、「アンティークの風合いを残す為に、トリチウム文字板と針を交換しないでオーバーホールしたい」といったご要望でも承っております。

  4. 1〜3週間という短期間で仕上げ、お届けできるよう努めております。
    *部品のストック状況や、時計の状態によっては作業期間が伸びることもございます。その際は、事前にご相談させて頂き、お客様のご要望をお伺い致します。出来る限り早く、丁寧に、正確に仕上げられるよう作業工程を工夫しています。

  5. メーカークオリティーの技術。弊社の技術者は元ロレックス社OBのみで構成されております。(技術責任者は、CMW保有、元ロレックス技術者となります。)

  6. メンテナンス後、2年間の保証をお付けしております。(ROLEXは2年保証、ROLEX以外は1年保証)

  7. オーバーホールの進行状況にあわせて、画像をメール提供しています。*画像メール提供サービスは、ロレックスとチュードルのみとなります。

  8. SECOMの防犯セキュリティーで守られた耐火防犯特殊金庫でお預かり品を保管しています。

  9. ご返却時の配送運賃は弊社が負担いたします。
    *お支払い時のクレジットカード決済に掛かる費用などはお客様負担となります。

  10. リピーター割引があります。
    *弊社では、リピーターのお客様に対しまして割引価格を提示しております。
    *弊社に一度でもオーバーホールをご依頼頂いたお客様対象。同一の時計でなくても適用いたしております。

オーバーホールの工程をご紹介いたします

以下の作業工程は全て基本技術料金に組み込まれている標準のサービスとなっております。
別途、追加料金などは頂いておりませんのでご安心ください。
  1. 完全分解を致します。

    弊社では、一個のネジからゼンマイを解くことまですべての部品を完全に分解してオーバーホールを行っております。実はロレックスを完全に分解することはメーカーレベルの高度な技術力が必要となります。ROLEXはとても複雑な構造ですので、技術力がないと完全に分解しても元に戻すことができなくなってしまうリスクが伴います。しかし弊社では他の一般的な時計修理店とは異なる特徴として、ROLEXの構造に習熟したロレックスOB技術者がオーバーホールを行いますので、メーカークオリティーでのオーバーホールを実現しています。




  2. 直接指で部品に触れないように作業工程を進めます。

    指で直接、時計内部のパーツに触れるとサビの原因になります。弊社ではスティック、ピンセット、ドライバーなどといった専用の工具を駆使してオーバーホールを進めております。海外の時計技術者や時計師の間では、そういった専用の工具だけを駆使して作業工程を進めることが主流となっていて、弊社も同様の技術方式で作業工程を進めております。この一見当たり前のようにも思える工程も、高度な技術力が必要とされる難易度の高いものとなっており、弊社の特徴のひとつでもあります。

    ROLEX分解作業

  3. 小さな部品のひとつひとつをしっかり丁寧に洗浄致します。

    完全分解したパーツのひとつひとつを、洗浄用バスケットに一つ一つ丁寧に収め、ヨーロッパ製の機械式時計専用の特殊な洗浄マシーンに入れて汚れを徹底的に落とします。ロレックス専用の洗浄用化学薬品を使用し、パーツにこびり付いた頑固な汚れを根こそぎ落とします。このような工程を経て、ひとつひとつのパーツをピカピカの状態に蘇らせます。


  4. ROLEX純正防水試験機で防水テストを致します。

    ROLEX社製のロレックス専用防水試験機を使用して防水能力をテストします。これは、水深数百メートルの水圧で耐えられる防水性能をテストするために開発された特別な機械です。この防水チェックの工程で、ロレックス本来の防水機能をテストしております。
    *弊社が一般的な時計修理店と異なる点として「ロレックス純正の防水試験機を保有している全国でも稀なオーバーホール専門店である」ということも特徴の一つとなっております。

    ROLEX防水試験機

  5. ROLEX純正オイルを使用致します。

    ロレックス純正オイルを各モデルごとに定められた厳密な規定量で注油しております。この注油量は各モデルごとに異なり、非常に繊細で神経を使う工程となっています。注油の量が適切でないと、後々のムーブメントの状態に影響を与えることがございます。弊社の技術者は、ロレックスOBであるため、その注油量の知識を保有しているのも特徴となっております。

  6. ROLEX純正オイル

  7. 丁寧にポリッシュいたします。

    ケースやブレスレットも綺麗に丁寧にポリッシュ(研磨)いたします。ポリッシュすると「時計の形が変わってしまうのでは?」と不安になる方もおられるかも知れません。しかし、極限の薄さで軽く丁寧にポリッシュいたしますので、時計の形が変わるような事はないと考えられています。この工程を経ることで、まるで新品のような輝きを取り戻します。
    *当てキズなどの深いキズの場合は、深追いしてポリッシュはいたしませんのでご安心ください。
    *深いキズがある場合はケースの変形を防止するため、技術者の判断でキズをあえて残す場合もございます。そのような深いキズがある場合は、ご要望がありましたら事前にご相談ください。

    ポリッシュ

  8. 元どおりに組み立てます。

    最後に元の完璧な状態に組み立てて、オーバーホールが完了致します。



  9. 日差の調整

    弊社では出来る限り良い精度を追求し、最終的におおよそ日差0〜+5秒程度を目指して調整しております。ただし、機械式時計の日差調整は非常に高度な技術を要する特殊な作業工程です。日差0〜+5秒という値は標準的なクロノメーターの精度よりも高精度な状態ですが、オールドキャリバーや個体によっては必ずしもそのような高精度が出せるとは限りません。
    *出来る限り良い精度で仕上るよう努めておりますが、ご依頼品の状態によっては精度を出せないこともございますので予めご了承ください。(標準的なクロノメーターは日差-1〜+10秒の範囲です)
    *お届け後、進みや遅れが大きい場合は改めてご相談ください。
    *お客様のご使用状況の違いなどによって多少の進みや遅れが発生することもございますので予めご了承ください。どうしても精度が気になるようでしたら、再調整させていただきますので、改めてご相談ください。



メンテナンス保証(2年)について

弊社にてメンテナンスをご依頼いただくと、2年間(ROLEX)または1年間(ROLEX以外)のアフターサービスをお受けいただけます。
弊社でメンテナンスされた後、何かお困りごとが発生いたしましたらまずはお電話かメールでご連絡ください。ケースバイケースでご対応させていただきます。
*保証内容につきましては、保証書に記載されている免責事項を除く場合のみとなります。また、技術的・機械的な見解から問題がないと判断できる状況にはつきましては、ご対応できかねることがございます。予めご了承ください。

アフターサービスに必要なもの

 @ご依頼頂いた時計
 A弊社発行の保証書

 お電話でのお問合せ 0744-24-2061
 メールでのお問合せ こちらより

<アフターサービスお問合せの前にご確認ください>

  • 時間が遅れるとき
    自動巻きでも腕の運動量が少ない場合、ゼンマイが十分巻き上がらないことがございます。お手数ですが、手でゼンマイを巻いてください。
  • カレンダーが昼の12時に変わるとき
    時間セットの際、午前・午後の間違えをご確認下さい。12時間分針を進めてください。
  • 0時ジャストにカレンダー(日付)が変わらないとき
    問題はございません。機械内部の歯車には少しの遊びが必要です。そのため2〜3分前後の差異があるのは規定値内となります。
  • 日差調整の問題
    クロノメーターは日差-1〜+10秒の範囲です。
    (婦人用・合型は-3〜+12秒、オイスタークォーツは月差5秒)
    メンテナンス後のオイスターは、必ず時間を合わせ、通常の生活条件で1週間から10日間お試し下さい。その結果、基準日差の範囲を超える場合は再調整させていただきます。また、機械時計はご愛用者の運動量により、微妙な時間の差が出ますので、予めご理解ください。

その他サービス詳細解説ページ

  • オーバーホールについて
  • ご依頼のながれ
  • ご発送先について
  • ご依頼品の管理状況
  • お振込・お支払いについて
  • 個人情報の取扱
  • よくあるご質問
  • ご利用規約